習指導法共有に基づくウェブ学習支援システムの開発

 従来のe-Learningシステムでは、教える側は教員、教えられる側は学生というロールが固定していました。本研究室ではLearning is Teachingの概念のもと、学生が教える、分からないところは学生同士で解決するといった学習の共有に基づくウェブシステムの開発を試みました。

 

Moodleを用いた授業展開とその評価

 現在、日本のLMSのシェアNo.1であるMoodleを用いた授業実践、管理、運用の評価を行っています。また、Moodle上で動作する追加プラグインの開発も行っています。

 

面授業とオンデマンド授業のLMSによる効果比較

 オンデマンド授業と対面授業について、それらの管理を行ったLMSにおけるログデータ(アクセス解析)をもとに、それぞれの授業の効果比較を試みました。また、携帯電話における学習効果の影響についてログデータから分析・比較を試みました。

Go to top